So-net無料ブログ作成

STAP論文、小保方氏ピンチ、理研センター長取り下げ示唆 [医学]

万能細胞STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)の作成に成功したと、

イギリスネイチャー誌に、論文が発表された、小保方さんの研究が、多数の疑問点が、浮かび上がり

論文そのもの信頼性に、疑いの目が向けられています。

小保方しが所属する、理科学研究所センター長竹市雅俊氏は、「論文の取り下げも止むを得ない」と
語りました。14日に記者会見で説明しますとのことです。

論文は14人の共著になっていて、筆頭著者が、小保方晴子さんで、取り下げには、全員の
承諾が必要になります。
論文で使われた画像が、以前の論文に使われていたのと、酷似しているとか、

画像に手を加えた形跡があるとか、言われていますが、
このような疑問点は、論文の「再現性」、他の人が、論文に従って実験したら、同じ結果が

得られたなら、なくなって、論文の正しさが、証明されるでしょう。
その再現性がないのは、まずいですね。
発表当時は、30歳でノーベル賞かと、期待されましたが、日本の研究者への悪影響を心配します。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。