So-net無料ブログ作成

藤巻幸夫、喪主、沙織さん [政治]

結いの党の参議員議員、藤巻幸夫氏が、出血性ショックで15日、亡くなられました。54才でした、

藤巻幸夫氏は、上智大学経済学部卒業を卒業し、伊勢丹に入社、衣類の仕入れ担当として

カリスマバイヤーの名を馳せ、福助の社長に就任、その後政治家をめざして、みんなの党で
22年の参議院選挙に、比例代表候補で出馬、あえなく落選するも、昨年12月

前議員の死去に伴い、繰り上げ当選しました。がすぐ結いの党結党に参加し

結いの党参議院議員として、活躍を期待されていましたが、昨年クリスマスのころから、

急性膵炎に罹り、かなり重かったといいます。
今年になって、少し回復したようですが、動脈瘤破裂による、出血性ショックで亡くなりました。

急性膵炎も、動脈瘤破裂も、暴飲暴食、過度の飲酒、過労、タバコ、脂こい食事
などで、引き起こされます。

20日芝増上寺で、告別式が行われます。喪主は長女の沙織さん。
                                         ご冥福

徳田事件、初判決、スターン美代子に・・・ [政治]

2012年12月の、衆議院総選挙に関して、公職選挙法違反に問われている

医療法人徳洲会グループの裁判で、東京地方裁判所(田辺三保子裁判長)は、

徳田前議員の次姉、スターン美千代(46歳)に対し、3月5日、運動員買収、買収資金交付(6000万円
を選挙地区責任者に渡した)、などで懲役2年6か月、執行猶予5年(求刑2年6か月)

を言い渡しました。予想どうりですが、かなり厳しい判決です。
徳田議員の辞職願は、28日の、衆議院本会議で、認められた。

国会では、この「政治と金」の問題は、このまま、だんまりを決め、なんの動きもありません。

徳洲会グループの10人の被告たちも、同等か、それ以下の判決でお終いでしょう。

医療機関が政治に何で手を出そうとするんですかね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。