So-net無料ブログ作成

ボクシング殿堂表彰式で、具志堅用高氏 英語スピーチで聴衆魅了 [スポーツ]

ボクシング殿堂表彰式で、具志堅用高氏 英語スピーチで聴衆魅了
3具志堅.jpg
ぐしけん2.jpg
gusikenn.jpg



具志堅用高氏(59)が14日(日本時間15日)、ニューヨーク州カナストータで行われた国際ボクシング殿堂の殿堂入り表彰式に出席した。

具志堅は元WBA(世界ボクシング協会)ライトフライ級王者で13回連続防衛の日本記録をもつてます。

日本人では95年のファイティング原田氏以来、20年ぶりの快挙となった。

国際ボクシング殿堂というのはいinternational boxing hall of FAME (

国際ボクシング名誉の殿堂博物館)といって

ニューヨーク州のカナストータに在ります。

謂れは、カナストータが生んだ二人のボクサー カーメン・バシリオとビリー・バッカス

を讃えてセレモニーが行われましたが、住民の一人がセレモニーからヒントを得て

殿堂博物館の設立に立ち上がり、多くの住民の賛同を得て1990年に設立されました。

その住民がいまの館長であるエド・ブロフィー氏です。

IBHFの他に類似の世界ボクシング殿堂というのがロサンゼルスにありますが

カナストータのほうが規模も大きくて有名です。

殿堂博物館はモダーン部門、オールドタイマー部門、パイオニア部門、非ボクサー部門

オブザーバー部門、の5つの部門があって

日本人はモダーン部門で1995年にファイテイング原田が

2008年にオブザーバー部門でジョー小泉(マッチメーカー)


2009年に非ボクサー部門で本田明彦が選ばれています。

本田は帝拳ジムの会長です。

今回は具志堅用高氏と同時にもう一人の日本人 
大場政夫氏も殿堂入りしました。

大場政夫氏は世界フライ級王者のまま73年に交通事故で亡くなりました。

殿堂の資格は引退後5年で得られて、毎年選ばれます。

式は例年6月第2週に行われますが、スピーチ、パレード、ゴルフ大会、レセプション

など20ほどのイベントがあります。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シー・シェパード連邦高裁の仮処分に違反したことで日本側に賠償金255万ドル支払い 日本の捕鯨に影響は? [ニュース]

シー・シェパード連邦高裁の仮処分に違反したことで日本側に賠償金255万ドル支払い 日本の捕鯨に影響は?
1捕鯨.jpg



過激な捕鯨妨害を繰り返してきた国際反捕鯨団体シー・シェパードSSに対し

南極海で調査捕鯨を行う日本鯨類研究所などが、妨害抑止を求めて訴えた米国での訴訟で、
SS側が賠償金255万ドル(約3億1千万円)を支払うことで日本側と合意していたこと
が9日、わかった。捕鯨活動の妨害差し止めを命じた米サンフランシスコ連邦高裁の仮処分
に違反したことによる。

SSが最終的に合意書に署名しました。

昨年3月に国際司法裁判所(ICJ)の捕鯨裁判で敗北した日本政府は今回、活動を縮小。
クジラを捕獲せずに、船上から調査員がクジラの数を調べる目視船の派遣に止め、SSとの
衝突は回避された。

日本は ICJの捕鯨裁判で敗北しましたが、アメリカの裁判では勝ったので

再び南極海で調査捕鯨を行う準備をしてるそうです。

もし調査捕鯨を再開したら、シー・シェパードSSはまた妨害行動に出て、日本の船員に

危害がおよぶおそれが有りますし、現にシー・シェパードSSは、デンマークのフェロー諸島
で反捕鯨活動を行っています。

シー・シェパード(SS)が今年、新たに南極海のメロ漁を標的にして活動資金を集めている。メロは日本の食卓にも並ぶ人気魚種。高値で取引されるため、密漁船による違法操業も報告され、SSはこの密漁船に圧力をかけるため、南極海に妨害船を派遣した。

メロは日本市場での呼び名で本来の名称はマゼランアイナメ。体長1メートルを超える大型魚で南極大陸周辺の深海に生息し、その大半が日本や北米で消費されている。近年、人気魚種になって資源量が減少傾向にあり、それに伴い、市場でも値段が上がっている。

シー・シェパードSSは、南極海のメロ漁を妨害する行動で乗組員の教育をしている

との見方も出ていますから、今後の動きは心配です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

なでしこ連覇 スイス完封して 好発進 1-0 [スポーツ]

なでしこ連覇 スイス完封して 好発進 1-0 辛勝です
nadesiko.jpg



サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会がバンクーバーで開かれましたが

なでしこ日本はC組のスイスと対戦し1-0で勝ちました。

C組はスイス、カメルーンとエクアドル、日本との4チームですが

日本はランク4位、スイスは19位 まあランキングから言えば順当な勝ち上がりです。

 試合は日本が26分、大儀見からのパスを安藤がエリア内で追ったところ、相手GKと激突。

PKを得ると29分にキャプテン宮間が、右足でゴール左隅に突き刺し先制した。32分には、足首を痛めた安藤に代わって、菅沢が入った。

後半はスイスの猛攻がありましたが、全般的にはなでしこジャパンの方がボールのキープ

率が高くて終止押し気味のゲーム展開でした。

なでしこジャパンは 勝ち点3を挙げ、13日の第2戦でカメルーンと対戦します。

ちなみに今日のスイス戦の評価を投票で見ると

0点
8.0%
275票8.0%
9点
3.4%
116票3.4%
8点
9.3%
321票9.3%
7点
17.8%
611票17.8%
6点
21.5%
739票21.5%
5点
19.0%
654票19.0%
4点
6.5%
222票6.5%
3点
7.7%
263票7.7%
2点
2.7%
94票2.7%
1点
3.0%
102票3.0%
0点
1.1%
38票1.1%

6点が21.5%で一番高いですね、得点がPKによるものだったのが、不満のようです




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

本田圭佑 オーストリア3部クラブ買収へ、実質オーナーに [スポーツ]

本田圭佑 オーストリア3部クラブ買収へ、実質オーナーに
ほんだけいすけ.jpg


ACミランに所属している日本代表のFW本田圭佑(28)が欧州クラブを買収する事になるようです。

買収するのはオーストリア3部のSVホルン、今季オーストリア2部で10チーム中9位。来季は3部に降格するSVホルンですが、3季後の1部昇格、さらには欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場が最大の目標といいます。

本田圭佑 の所属事務所であるエスティーロが経営難の同クラブの運営権を取得。水面下で最終交渉が進んでおり、来週中にも正式発表になる可能性が出てきた。

 日本代表の現役選手が、欧州のプロチームを買収するのは極めて異例だ。現時点で買収額は不明。現地の関係者の説明では、クラブのトップはもちろん、頭脳となる強化部などフロント職もエスティーロ側から送り込むことが濃厚だ。

現役選手で他クラブのオーナーに就任したサッカー選手は他にもいまして


 磐田やVVV(オランダ)でプレーしたFWカレン・ロバート(現韓国2部イーランドFC)が今年3月に千葉県社会人2部ROVERS・FCのオーナーに就任。

またマインツFW岡崎慎司はオーナーではないが、来季からドイツ10部でプレーするバサラマインツの創設に関わり、現在はスーパーアドバイザーとして助言を行っています。

本田圭佑は小学生相手のサッカースクールであるソルティーロを全国49か所で開いていて

子供たちのサッカー育成に熱心です。

今月2日にベトナムのホーチミンでサッカー教室を開いたばかりです。この様な経験を積んでいる本田圭佑にはクラブ経営上の心配はいらないでしょうし

EU圏外枠(外国人枠)制限がないので、一定数のオーストリア選手を入れていれば

日本人を多く使えるメリットが有るし、オーストリア一部の2位に入れば欧州CL予選に

3~4位で欧州リーグの出場権を獲得できます、

本田は4シリーズ後の出場権獲得を目指すようです。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

復帰初戦の球速で不安、不満を吹き飛ばした田中は米メディアにどう見られているか? [スポーツ]

復帰初戦の球速で不安、不満を吹き飛ばした田中は米メディアにどう見られているか?
田中2.jpg
田中1.jpg


ヤンキースの田中将大投手が3日(日本時間4日)、敵地でのマリナーズ戦で7回3安打1失点、9奪三振無四球の快投を見せ、今季3勝目(1敗)を手にした。4月23日のタイガース戦の先発を最後に右手首の炎症と右前腕部の張りで故障者リスト(DL)入りしていたが、復活のマウンドで最速154キロの直球を披露し、球速低下を指摘してきた地元メディアなどの懸念を一蹴。ハイ・クオリティー・スタート(HQS、7回以上を自責2以内)を達成し、チームを3-1の勝利に導いた。


この試合で田中将大投手は78球投げて、ストライクが58球という凄いコントロールを

見せて、球速は 最高95.8マイル、7回裏の3人目の打者、シーガーを見逃し三振に仕留めた

時に出ました。

平均でも93.8マイル(約150キロ)出たそうです。

この田中将大の快投に米メディアはこぞって絶賛の嵐で今までの懸念を忘れたような雰囲気です。

「タナカが宝石のような輝きとともに復活し、ヤンキースはシリーズ全勝で仕上げる」と
地元紙「デイリーニューズ」は報じています。

マー君は
4月23日のタイガース戦の先発を最後に右手首の炎症と右前腕部の張りで故障者リスト(DL)入りしていましたが、

タイガース戦は、強風に加え、気温が1度以下で前日には降雪するという異常なまでの極寒での試合だったので、手首の筋肉を傷めたと容易に解釈されます。

6月に入って気温上昇に伴い田中将大の体調も本調子になったんでしょう。

マー君の球速が去年に比べて落ちているのが問題視されてきた「田中の球速問題」に

終止符を打ったのは間違いありません。

これで3勝1敗になったわけですが、これから月4回の登板があるとして8月までに

12勝はいけそうな感じがします。

今年はダルビッシュが投げれないし、岩隈久志もまだ出れません。

田中将大の快投で、日本人のフラストレーション解消としてほしいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。