So-net無料ブログ作成
検索選択

大阪都構想 思わぬ否決にびっくり? 橋下氏引退 国会政党地図に変化? [ニュース]

大阪都構想 思わぬ否決にびっくり? 橋下氏引退 国会政党地図に変化?が有るか?
hasimoto.jpg



17日に行われた大阪都構想 住民投票は、予想に反して反対票が1万1千票多くて

賛成派が負けました。

投票総数が1400429票ですから、11000票は0.7%にしかなりません。

しかし負けは負けなので、橋下氏は12月の大阪市長任期で終わり、再選の立候補を

しないと宣言しました。

橋下氏は維新の会の創生者で橋下氏個人の人気で、党を盛り立ててきたので

橋下氏引退の影響は、維新の会の存亡にかかわるだけで無く、憲法改正派の橋下氏の

政界引退は総理大臣が目論む憲法改正の動きに影響を与えるのは確実でしょう。

自民党幹部は橋下氏にエールを送っていましたが、自民党の大阪府連が自民党幹部の意向を
聞かずに反対側に回ってしまったのが、今回の賛成派の敗北につがが

りました。

自民党の大阪府連と公明党が反対派になったのは、巨大になった大阪市議会がその権力が

大阪都構想 によって解体される心配があって、大阪市議会議員の生活権が失われる心配が

反対運動の根底にあったのではないでしょうか?

大阪市民がその辺の事情に疎かったと思いませんか?

大阪市議会議員のエゴで橋下氏は負けたのです。

大阪都構想というのは、東京都が都議会と23区の行政に成っているのと同じに

大阪市も5つの区と大阪都議会にして行政の分担を決めて、今までの同じような組織と

規模を持つ大阪府議会と大阪市議会のいわゆる2重行政を解消しようとするものですが

そうなると今までの巨大な権限を持つ市議会は5つの区に分割されることになります。

そうすると強い権限に甘んじてた市議会議員たちは大変だ。

今回の賛成派は若い人ほど多くて、高齢者になるほど反対派が多かったといわれます。

高齢者は大阪都構想になると、年金福祉に不利になると勘違いしたのでしょう。

反対派の戦略が成功したと思います。

政界引退を表明した橋下氏は今後如何するのでしょうか?








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。